弁護士の相続に関する悩みを

  • 相続で必要な税金を弁護士に小さくしてもらう

    • 家族の中で誰かが亡くなると、残された人に対して相続権という権利が与えられます。

      この権利は、利用しないと時効によって消滅してしまうことになるため権利が与えられたときには本人の判断や家族との話し合いで使わなくてはいけません。相続の特徴は、残された家族に対して継承される財産とそれに対して課される税金です。亡くなった人の財産は、民法という法律によって血縁関係の立場上の割合で法定相続されます。
      法定相続がされた後には、その財産に対して課される税金を一定期間までに納めなくてはいけないためそのための正確な計算を専門の弁護士にしてもらわなくてはいけません。



      相続税の計算を弁護士にしてもらうメリットは、それをすることによって法律で無駄な税金を控除することが可能になるからです。



      残された財産に対する税金には、道義上税金を課すことが適切ではないものが多く含まれています。



      例えば、亡くなった時に残された人に対して提供される保険金などに対して税金をかけるのは道義的に反することだと言えます。



      残された家族に対して与えられる財産の中には、社会生活の中で必ず与えられなくてはいけないものが含まれています。

      こうしたものに関しては法律的にも控除の対象となっているため、弁護士に対して控除を含めた計算と手続きを依頼しなくてはいけないのです。



      特に、大きな財産を残した亡くなった方がいる場合には支払わなくてはいけないお金が多くなるため、なるべくその税金を小さくすることが大切なのです。



  • 関連リンク