弁護士の相続に関する悩みを

  • 弁護士に相続関係のことを

    • 弁護士に相続関係のことを依頼する人が多くなっていますが、これは高齢化に由来します。



      とにかく、自分の亡き後のことを考え始める人が急増しているわけです。



      それは別に悪いことではなく、いざ相続となったときに揉めるよりは遥かにマシであるといえますから、相談しておいたほうがよいです。



      意外と知らない人が多いのですが、誰でも相続人にできるわけではなく、また、一人だけ外すなどというのはできないのです。



      例外がいくらかあるのですが、殆ど稀であり、普通は遺留分は確保してあげる必要があります。
      そのあたりのことから説明してもらうのがベストであるといえます。



      相続というのは法律行為になりますから、手順がしっかりとありますし、それを守ればよいのです。



      しかし、それがわからないからこそ、説明を受けるために弁護士に相談をするわけです。


      費用はかかりますが、知識を得るというのはそうしたものです。
      更に言うならば、とにかく揉める可能性がある行為でもあります。

      相続関係で家がバラバラになる、というのはよくある話であり、これは他人事ではないのです。
      ですから、備えておくことはある種の義務であり、法律的に正しく効果のある遺言書を書いておくべき名のです。

      弁護士にその書き方を指導してもらって、しっかりと家族には伝えておくとよいです。ちなみに開けられたりしますと無効になる可能性がありますから、しっかりと封をして、出来るだけ誰も触れないところに置いておくとよいです。

  • 関連リンク